女性特有の性欲メカニズムについて~生理前・排卵日前後・加齢による性欲上昇など

年齢や時期で変化する女性の性欲求の波を理解する

笑顔が美しい妙齢の女性
女性は男性とは違い、疲労だけではなく生理周期の問題で性欲が変化します。
また、男性とは違い性欲のピークが来るのは30歳前後からです。若いパートナーの場合は男性の感覚で性に飢えていると捉えてはいけません。

 

セックスレスの原因は女性に拒否されたことがキカッケになることが多いです。
女性は恋人や夫婦であっても、自分から誘うのを嫌がる傾向があります。
タイミングが悪くて拒否されたことがトラウマになって、男性からアプローチする機会が少なくなるとセックスレスに発展しやすいです。

 

セックスをしたいけど、タイミングやキッカケ作りで悩む男性は、年齢や時期で変化する女性の性欲求の波を理解することから始めましょう。

 

女性の性欲メカニズム

美しい自然を感じている女性
女性の体内には男性の性欲の源になるテストステロンという男性ホルモンと、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが関係しています。
男性は10代後半にテストステロンの分泌量がピークを迎えて、20代中盤から衰退していきます。
女性の場合もテストステロンは10代後半でピークを迎えますが、男性とは違い40歳前後まで高い水準を維持します。
一般的に女性の性欲のピークは30歳前後ですが、テストステロンの影響で10代後半からも高い性欲を持っている女性は多数います。

 

もう一つ大きな影響を与えているエストロゲンは20代後半から30代前半に分泌量がピークを迎えます。
生物学的に言えば、10代後半から40歳前後までが女性が高い性欲を持つ時期ですが、女性は男性以上にストレスなどでホルモンの分泌量や影響の受け方が変わってきます。

 

人によってはテストステロンの影響を大きく受けるため、分泌量がピークを迎えてエストロゲンの分泌量がそこまで活発ではない20歳前後に一度ピークを迎え、エストロゲンの分泌量が低下する40歳前後に再び性欲が高まってくる場合があります。
男性は精力剤を飲んだり、運動不足を改善して基礎代謝を高めるなど、身体の内側から若返り効果を与えないと一度衰えた性欲は簡単に復活しません。
テストステロンの影響だけが大きい男性とは違い、女性は2つの性ホルモンの影響を受けるため、男性とは違った性欲の波があります。

 

生理周期が大切

女性特有の月経のイメージ
女性の性欲求の波は生理周期が重要です。

 

女性ホルモンの変化では、生理前にエストロゲンの分泌量が低下してきます。
生理から14日前後の排卵日直前になって妊娠に備えてエストロゲンの分泌が活発になるので性欲が高まっていきます

 

生理前が一番性欲が高まると感じる女性もいます。
それはエストロゲンの低下によってテストステロンの影響を受けているからです。

 

年齢的な問題を考慮すると、20歳前後に性欲が強まる時期があった人は、30歳前後のエストロゲンの分泌量が増える時期になると、排卵日前よりも生理前の方が性欲が高くなるケースもあります。

 

男性は主に生理前と排卵日前の2つがセックスをしやすいチャンスだと覚えておきましょう。
生理周期によるチャンス時期は年齢やストレスの影響によるホルモンバランスによって変化することもあります。

ページの先頭へ戻る