男性の性欲低下によるセックスレスは精力剤を使用することで解決できます

性欲の衰えを補う栄養成分と効果的な男性用精力剤

性欲は女性が30歳前後にピークを迎えるのに対して、男性は10代後半にピークを迎えて徐々に衰退していきます。
セックスレスの多くは男性側の都合になっていることが多く、性欲衰退の男女差が大きく関係しています。
性欲の衰えを補う栄養成分を理解した献立の組み立てや効果的な男性用精力剤を活用するとセックスレス解消の効果が出るかもしれません。

 

精力的で若々しい中年男性

 

精力向上効果のある栄養成分と食材

性欲の衰えを補う栄養成分と有効成分の多い食材は以下のものがあります。

 

  • 亜鉛 (牡蠣、レバー、牛肉など)
  • L-シトルイン (スイカ、キュウリなど)
  • L-アルギニン (すっぽん、鶏肉、高野豆腐など)
  • セレン (シャケ、サバなど)
  • ビタミンE (アーモンド、ウナギ、シャケなど)
  • アスパラギン酸 (アスパラガス、豆類など)

 

一般的にスタミナ食材と呼ばれる栄養が精力向上に効果的です。
普段の食事の栄養バランスを良くする努力をすると良いでしょう。

 

スタミナ食材にこだわるよりも健康的な食生活が重要

健康的な食生活を楽しむ男性
男性の性欲が落ちるのは血流の悪化が大きく影響しています。

 

男性器の勃起作用や精子の生成は血液によって生まれています。
年齢の割に性欲衰退の早い人は乱れた食生活によって血流の悪くなっていることがあります。
精力向上に働きかける栄養を補給するだけではなく、血流の悪くなる原因を取り除かないといけません

 

外食やインスタントの多い場合は、自炊を増やしましょう。
ラーメンやパンなど油分の多い食事が多ければ和食中心にして、野菜や魚などが不足しないように配慮しましょう。

 

セックスレスは夫婦共働きの家庭の方が比率が高いです。
一緒にいる時間が少ないことや妻の余裕がないことに加えて、朝食やお弁当を作らない家庭が多いことも関係しています。
どれだけ栄養補給を行っても、栄養バランスが多いと有効成分の栄養吸収効率も悪くなって効果が半減してしまいます。

 

普段の食事だけで栄養を補うのは困難

牡蠣やスッポンなどのスタミナ食材を毎日食べるのは経済的問題と味覚の問題(同じ食事が続くと飽きる)があります。
栄養不足によって性欲が衰退しているのであれば、男性用精力剤を活用すると良いです。
精力剤には以下の3種類があります。

 

様々なタイプの薬を手に乗せている画像

 

ED治療薬

強制的に勃起をさせる薬、病院での処方が必要、主に子作りなど一時的な理由で活用、薬がないと勃起しなくなる副作用リスクがある

強精剤

男性ホルモンの分泌を活発にさせるもの。ホルモンバランスの乱れがある場合に効果的

精力サプリメント(強壮剤)

精力向上効果のある栄養成分を豊富に配合した男性向けサプリメント。即効性はないが身体を根本的に変える効果があり、薬なしでも性欲や勃起をコントロールできるようになる

 

人気になっているのは精力サプリメントで、通販からお手軽に買えるメリットがあります。
売れ筋商品は30日分で1万円前後です。
高額なスタミナ食材ばかり献立に並べるのであれば、規則正しい食生活と精力サプリメントを併用した方が高い効果を得られて経済的です。

 

滋養強壮成分が豊富で、身体が疲れにくくなって仕事や遊びに対しての活力もみなぎるメリットがあります。
妻や彼女など女性側が精力剤の提案をするのは難しいものですが、精力衰退や老化に悩んでいる男性であれば、お小遣いとは別に購入できるなど都合の良い条件だと積極的に検討してもらえることがあります。
女性からの提案は失礼だと捉える男性もいるので話し方に気を遣う必要がありますが、ダメ元で女性側から打診してみる余地もあります。
男性が妻に内緒で利用したい場合は、通販で買って営業所止めで発送してもらうなど、バレずに購入する方法が多数あります。

ページの先頭へ戻る