法律の世界では不倫の正当性を主張するのは難しいことです。

長年のセックスレスを原因とする不倫は情状酌量されるのか

辛いセックスレスに涙する女性
情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)とは、被告人に有利な事情を汲みとることを指します。
セックスレス問題を抱える夫婦の片割が、セックスしたいのにパートナーに拒否をされて性欲の発散場所がないからという理由で不倫をした場合、情状酌量されるのでしょうか?

 

長年のセックスレスが原因になった不倫は情状酌量される要素がないワケではありませんが、不倫をチャラにできる理由にはなりません
長年のセックスレスが原因であれば、不倫に対しての慰謝料を減額してもらうことができます。

 

法律の世界では夫婦関係にある中で、パートナー以外と関係を持つことに正当性を主張するのは難しいです。
セックスレスを理由に離婚して新しい恋をすれば相手から慰謝料をもらえるところが、不倫をしたことによって世間的には相手に落ち度があっても慰謝料を払う側になってしまいます。

 

 

セックスレスによる情状酌量で減額される金額

重要な資料を読む裁判官
セックスレスは離婚事由として認められますが、主張の正当性を認められる必要があります。
それに対して不倫は理由を問わず離婚事由として認められて慰謝料請求も可能になる重大な不貞行為です。
セックスレスに原因があったとしても、慰謝料減額を認められない可能性が高いことを覚えておきましょう。

 

不倫の慰謝料相場は50~300万円です。
セックスレスによる情状酌量で相殺できる余地は認められたとしても10~50万円程度でしょう。
状況によっては、正当性を認めるために弁護士を雇った結果、弁護士報酬の方が高くなってしまいます。
不倫が発覚して慰謝料請求されている状況であれば、セックスレスの原因を主張することは大切でも過度な期待をしてはいけません。

 

また、不倫相手に対しての慰謝料請求は一切の減額余地がありません
相手が既婚者だと知っていた場合、相手がセックスレスを理由に求めてきても断る余地があります。

 

不倫の事実があるとセックスレスを主張するのが難しい

不倫現場のイメージ
不倫によって離婚に向けた協議が行われていた中でセックスレスが原因だったことを主張しても、裁判官や第三者は苦し紛れの言い訳に捉えます。
情状酌量の減額を求める場合、セックスレスを理由に離婚を要求していたにも関わらず相手が離婚もセックスも拒否することを続けた場合でないと難しいです。
セックスレスによる離婚を主張したとしても、夫婦関係が破綻していないのであれば、正当性を認められるのは難しいです。

 

夫婦関係が破綻していた場合は、不倫相手と不倫をした当事者(配偶者)に対しての慰謝料請求は認められなくなります。
夫婦関係の破綻は別居の有無が大きな焦点になってきます。
セックスレスの問題を抱えていても、夫婦関係が成立している中で不倫をするのは悪質だと判断され、セックスレスを主張しても慰謝料逃れの言い訳だと捉えられてしまいます。

ページの先頭へ戻る