セックスをすれば老化防止や健康維持にも繋がる!いつまでも仲良し夫婦♪

セックスは若さと健康の源?ホルモンと性と老化の関係

人間は誰しも年齢とともに老化していきますが、いつまでも若々しく健康的でいたいと思うものです。
性欲の衰えを感じるような歳になると、健康に気を遣うように価値観も変化していきます。

 

セックスはその場の性欲処理をするだけではなく、ホルモンの分泌を活発にさせて老化予防効果のある健康の源です。
若々しく健康的な夫婦はセックスを頻繁に行っている共通点があります。

 

精力的で若々しい中年カップル

 

セックスによる主な効果

ストレス解消

ストレスは老化による見た目年齢に大きな影響を与えます。
義務や相手からの要望でセックスするだけではなく、お互いが楽しむことでより高い効果を得られます。

運動効果

セックスはスポーツだという言葉もあり、お互いにカロリー消費をするものです。
歳を取ると運動不足に陥りやすいですが、セックスは日常的に行える貴重な運動のひとつとして捉えると良いでしょう。
ランニングやジム通いで運動はするけど、セックスは疲れてやる気が起きない人は、セックスする日は運動をセックスに置き換えてみると体力の低下を防止できます。
男女ともに自慰行為よりも、お互いの体を交えて全身を使うセックスの方がカロリー消費量が大きいです。

膀胱の老化を予防

歳を取るとトイレが近くなったり、キレが悪くなるものですが、セックスをして膀胱をはじめ股関節周辺の筋肉が刺激されると膀胱老化の予防効果があります。
排泄はデトックスを体に溜めない重要な役割があるので、膀胱の老化を予防すれば身体全体にも効果が及びます。

睡眠の質が改善

セックスした後はグッスリ眠れる感覚を味わった経験はありませんか?
それは体力を使った影響だけではなく、セックス中に分泌されるエンドルフィンとプロラクチンというホルモンによって脳がリラックスするからです。
睡眠の質が高まれば疲労回復、ストレス解消、アンチエイジングなど幅広い効果が得られます。

免疫力の向上

セックスは前後にシャワーを浴びたとしてもお互いの細菌が混ざり合う要素があります。
医学的にセックスをすることで免疫力向上をする検証結果も出ていて、風邪や病気になりにくくなるメリットがあります。
ほかにも抗ヒスタミン効果によって花粉症や喘息が軽減されるなど幅広い効果を期待できます。

若返り効果

アンチエイジングホルモンのDHEAが分泌される影響で、身体全体が若々しくなります。
50~60代の夫婦になるとセックスレスと定期的にセックスレスする夫婦で見た目年齢が5歳以上も若く見える研究結果が出ています。

フェロモンで魅力アップ

恋をすると女性が綺麗になると言われていますが、これはフェロモン分泌が活発になるからです。
セックスを行えば恋する感情を抱かなくてもフェロモン分泌の効果によって、夫婦ともに男女ならではの魅力や色気が高まります

性機能や生理の改善

男性は定期的に射精することで性機能が刺激されて衰えを予防できます。
女性は子宮の筋肉が刺激されるので生理周期が乱れにくくなります。さらに生理前にセックスすると生理痛が緩和されるメリットもあります。

 

とはいえ、やはり年齢を重ねたことによる性力低下で思うようにセックスができなくなってしまうカップルもいます。
もしも思い通りにセックスができなくなってしまっても、仲の良い夫婦で有り続ける努力をしていきましょう。

 

ページの先頭へ戻る